「オススメコンテンツ」カテゴリーアーカイブ

Blu-rayレコーダーからディスクが取り出せないとき

壊れたBlu-rayレコーダーからこどものディスクが取り出せないので出してほしいという問い合わせがたまに来ます。

むずかしいことではないので手順を教えちゃいましょう。

  1. まずスイッチを電源オフ
  2. コンセントを抜く
  3. トレイ出し入れボタンを押しながらコンセントを入れます。トレイが出てくるまでトレイ出し入れボタンは離さない。

とりだせましたでしょうか

icon

Android TVのコンテンツ規制と時間制限

つまらないテレビ放送に比べて、動画コンテンツは見はじめてしまうと次から次と違うコンテンツも薦められ挙句の果てにこんな時間なんてことは誰でも経験されていると思います。

放送と違い、動画配信アプリの中には子供には見せたくないコンテンツを含むものもあります。Netflixで話題の「全裸監督」。これが家族で見る大画面テレビのホーム画面に表示されるのはいかがなものか。

ブラビアをセットアップが終わったデフォルトの設定では成人向けのコンテンツが表示されてしまいます。これはまずい。いっそ何もしていない状態では何も表示できないように設定しておくのがデフォルトではないのかと思いますが。色々見たい人はまずアカウント作ってログインして表示させるコンテンツをユーザーが選んだ方が良いのではないでしょうか。S社もP社もSH社もましてやリモコンにNetflixの独立ボタンが標準装備されているのですから気を使ってほしいと思います。

お客様より問い合わせがあったので表示させるコンテンツを規制する方法を研究してみました。

Android TVから不要のアプリを規制

設定からセキュリティと制限を選択。まずはここから

制限付きプロファイルの作成。標準設定のほかに制限付きアカウントを作るわけです。

パスワードを作成します。制限付きアカウントから脱出して標準アカウントに変える時のパスワードですのでお子様の見てないところで設定してください。パスワードは内緒で

年齢制限(ストリーミングチャンネル)

アプリからNetflixを選んで

無効にしてしまえばNetflixのリモコンボタンは無効になります

Netflixのユーザー編集でコンテンツを制限

Netflixのユーザー管理編集画面

パソコンでNetflixにログインしてコンテンツ規制をかける。上は成人向けコンテンツあり。

このように未就学児~中高生対象に切り替えるか、テレビ用に新しいユーザーを作るかすれば良いでしょう。

タイマーで動画を見れる時間を規制

テレビにはこの機能は残念ながらありませんが奥の手でインターネットとテレビを繋いでいるWi-Fiルーターにつなげる時間を制限してやれば良いでしょう。各社のWi-Fiルーター似たような名前の機能を提供しておりますのでお使いいただけます。

こんな方法もあるにはあるのですが、一番良いのはお子様とテレビを見る時間、勉強する時間、寝る時間について話し合いをすることをお勧めします。

icon

「フォードvsフェラーリ」熱き男達の挑戦の物語

私が生まれた頃の1960年代後半にル・マン24時間レースで連勝中のフェラーリを打ち負かしたフォードの物語が映画になりました。

昨今の映画は歴史上本当にあった物語を最新の映像再現技術であたかもその時代に目撃したかのように見れるのは嬉しい限りでございます。ボヘミアン・ラプソディーも良かったけど、ニキ・ラウダとジェームス・ハントを描いた「RUSH」も良くできた作品でした。

この作品はマット・デイモンが“コブラ”キャロル・シェルビーを演じ、助演にクリスチャン・ベイル。ベイルはディック・チェイニー元米国副大統領を題材にした、「バイス」でも好演してました。

冒頭から最後まで息つく暇もない緊張感とスピード感。アメリカンマッスルカーでぶっ飛ばし、男同士が汗と油と殴り合い。牛飼いしながら週末はサンデーレースに参戦し、まさにカウボーイそのまんまのキャロル・シェルビーってこういう生き方最高じゃないですか。アメ車ってあんまし興味なかったのに、これ見てから何故かググっちゃうんてすよ。なにせカッコよす。パワフルなV8OHVがドリュリュリュリュ…って加速してくの男心くすぐります。

フェラーリがフィアット傘下になる経緯とか、それまでル・マンに出場経験の無いフォードを奮い立たせた経緯、キャロル・シェルビー率いるフォードGT40が1,2,3フィニッシュするまでの数々の失敗が描かれています。キャロル・シェルビーとケン・マイルズいう伝説の車好きのオッサン連中がアメリカの威信を懸けて作り込んだチームとマシンが最後までトラブル無く誰よりも先にチェッカーフラッグ目指してゴールするのを応援してしまう。ある意味“ボヘミアン・ラプソディー”の最後の20分を回想する。しかし人の儚さを感じる結末もしっかり見届けてほしい。